Summary

・CL決勝トーナメント1回戦2ndレグ、アーセナル対バイエルン

・バイエルンが敵地で圧巻の5ー1勝利

・2戦合計10ー2、バイエルンが8強に進出

3月7日、欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグが行われ、バイエルン・ミュンヘンは敵地でアーセナル(イングランド)と対戦し、5ー1で勝利した。これによりファーストレグも合わせた2試合の合計は10ー2となり、バイエルンのベスト8進出が決定している。

アーセナル 1ー5 バイエルン

4点差をひっくり返す必要のあるアーセナルが、序盤から激しいプレッシングを仕掛け、試合の主導権を握る。

まずは11分、左からダイアゴナルパスが入り、逆サイドをウォルコットが抜ける。しかしバイエルンの守護神ノイアーが持ち場を飛び出し、ペナルティーエリアわずかに外で、これをクリアした。

しかし20分、右サイドでのスローインをつなぎ、ウォルコットがバイエルン守備陣の間をすり抜け縦へ突破。最後はゴール右からノイアーの上を抜くシュートを決め、アーセナルが先制点を奪う。

さらに34分、ムスタフィのスルーパスからウォルコットが裏を取り、ペナルティーエリア右へ。先制点のシーンと同じく、ニアサイド目がけて右足を振り抜いたが、ボールはサイドネットの外側に当たってしまった。

バイエルンもようやく38分、ゴール前のレバンドフスキがロッベンの浮き玉からダイレクトで狙うも、枠を捉えることはできなかった。

アーセナルが1点リードで迎えた後半立ち上がりの48分、右からのクロスに対しジルーが打点の高いヘディングで合わせたが、ボールはクロスバーを越えてしまった。

試合が急展開を見せたのは53分、レバンドフスキにペナルティーエリア進入を許したところでコシールニーがたまらずファウル。バイエルンにPKが与えられただけでなく、シディロプーロス主審はコシールニーに対しレッドカードを提示した。このPKを55分、レバンドフスキが自らネットへ沈めて同点となり、1人少なくなったアーセナルがベスト8へ勝ち上がる可能性は、ほぼ潰えてしまった。

そして68分、ロッベンがバイタルエリアでA・サンチェスからボールを奪い、そのまま持ちこんで逆転弾を決めると、その10分後にはラフィーニャのインターセプトから右サイドをコスタが縦に突破。最後はムスタフィをかわしてファーサイド側のネットへシュートを突き刺し、バイエルンのリードは2点に広がった。

さらに80分、バイエルンが再び高い位置でボールを奪い、ビダルがGKとの1対1をループシュートで沈め4ー1。そして85分にはR・サンチェス、コスタとつないでビダルが再び追加点を決めている。

前半は相手のプレスに苦しめられたが、終わってみれば2戦ともに5ー1でアーセナルを粉砕。ドイツ王者を自負するバイエルンが8強へ進出している。

【得点】

アーセナル:ウォルコット(20分)
バイエルン:レバンドフスキ(55分)、ロッベン(68分)、コスタ(78分)、ビダル(80分、85分)

【ラインナップ】

アーセナル(4ー3ー3)
オスピナ;ベジェリン、ムスタフィ、コシールニー(53分 退場)、モンレアル;チェンバレン、チャカ、ラムジー(72分 コクラン);ウォルコット、ジルー(72分 ペレス)、A・サンチェス(72分 エジル)

バイエルン(4ー2ー3ー1)
ノイアー;ラフィーニャ、マルティネス、フメルス、アラバ;ビダル、アロンソ;ロッベン(71分 コスタ)、ティアゴ(79分 R・サンチェス)、リベリ(79分 キミッヒ);レバンドフスキ