Summary

  • バイエルン守護神ノイアーが年内復帰絶望
  • 再び出番が回ってきたGKウルライヒ、インタビュー
  • ブンデスリーガ第5節ではシャルケに3ー0で勝利

バイエルン・ミュンヘンのGKマヌエル・ノイアーが左足の中足骨を骨折し、年内復帰は絶望的となった。守護神の離脱により、今夏のドイツ・スーパーカップやブンデスリーガ開幕節でノイアーの代わりを務めたスベン・ウルライヒ(29)が今後はバイエルンのゴールマウスを守ることになる。9月19日に行われたブンデスリーガ第5節ではシャルケを無失点に抑え、早速バイエルンの勝利に貢献した同選手に試合後、インタビューを行った。

——長い休みがありましたが、またゴールマウスを守る気分はいかがですか?

ウルライヒ またプレーすることができてうれしいです。でも、まずはマヌ(エル・ノイアー)のことを気にかけています。けがが再発してしまったことは、簡単ではありませんからね。彼が早く復帰し、これまでと同じようなマヌとして戻ってきてくれることを願っています。

——シャルケ戦の前にノイアー選手と連絡はとりましたか?

ウルライヒ 彼の手術の前に「うまくいきますように」とメッセージを送りました。彼からは「良い試合を」と返してくれました。僕たちはよく連絡を取り合いますし、互いによくわかり合っています。

——バイエルンGKとして素晴らしいカムバックで、良い試合でした。

ウルライヒ 僕も満足しています。1、2回、危ない場面はありましたが、運良くボールを抑えることがでました。プレッシャーもなかったですしね。自分にとって最初の試合としては満足ですが、これからはまたリズムを取り戻し、慣れないといけません。

——前回の出番では、試合ごとに良くなっていきました。今回もそうなるでしょうか?

ウルライヒ もうそうなってますよ(笑) 僕はただ、自分の力を発揮し、全力を尽くしたいです。この先、うまくいかない試合があるだろうってことも分かっています。でも、自分に何ができるかを知っている。マヌの代わりを務めることができます。また、それを証明したいと思います。重要なのはチームとしての成果であり、それが常に一番です。

——今後の数カ月はGKとして先発することが分かっている今、準備などは変わってくるのでしょうか?

ウルライヒ これから自分にスポットライトが当たると分かっていることは、全体的にちょっと違ってきますね。試合のためにスタジアムへ行くまでの間も、準備は少し変わってきます。長い期間プレーできることは自分にとってうれしいことです。本当に、マヌの代わりをうまく務めたいと願っています。彼は世界一のGKですから、難しいことでもあります。彼よりも僕がうまくできることは多くありません。でも、自分のベストを尽くし、これからの半年、チームが良いプレーができればと思います。シャルケ戦ではかなりうまくいきました。

——チームのパフォーマンスについてはどのように見ましたか?

ウルライヒ 前へと攻撃的でしたし、ボールを支配していました。それでも、ボールを奪われる回数も多く、シャルケに何度かチャンスを与えてしまいました。パーフェクトな試合をしたければ、その回数を減らさないといけません。全体的には良いアウェーゲームでしたし、素晴らしいゴールもありました。

——ハメス・ロドリゲス選手は初先発で初ゴールを挙げました。チーム加入後、最高の出来だったのでは?

ウルライヒ まだそれほど長くプレーしてませんからね(笑)負傷により、彼は良いスタートを切ることができませんでした。新しいチームに来たばかりの選手にとっては、簡単なことではありません。でも数週間前からトレーニングできるようになり、リズムを取り戻し、他のチームメイトとの理解も深まりました。それはプラスなことです。シャルケ戦は本当の良いプレーをしましたし、今後も期待しています。

——マインツ戦(4ー0)とシャルケ戦で圧勝したことで、バイエルンにとって転換期になったのではないでしょうか?

ウルライヒ ホッフェンハイムに敗れた後ですから、もちろん前進です。アンデルレヒト戦(CLグループリーグ第1戦、3ー0で勝利)でも、すでに良いアクションをしてました。でも、毎試合がゼロからのスタートであり、毎回、自分たちの力を出さないといけません。

——チャンピオンズリーグに出場する喜びはいかがですか? 来週9月27日にはネイマール擁するパリ・サンジェルマンとの試合があります。

ウルライヒ このチャレンジを楽しみにしています。パリには多くのワールドクラスの選手たちがいますからね。でも、僕たちのチームにもそのような選手はいますし、彼らと毎日一緒にトレーニングしています。ただやっぱり、スポーツ選手として、このようなチャレンジは特別ですよ。

——その前に、ブンデスリーガ第6節(9月22日)でウォルフスブルク戦があります。

ウルライヒ この試合も大事な一戦です。常に100%の力を出さないといけません。集中力を高め、パリ戦のことは一度頭から離さないといけません。ブンデスリーガでの勝ち点3が懸かっています。このホームでの試合もシャルケ戦のようなパフォーマンスができれば、結果を出せるでしょう。でも、それは僕たちが100%の力を出して初めてできることです。