Summary

  • バイエルンが新シーズン初の練習試合
  • 4部のBCFウォルフラーツハウゼンに4ー1で快勝
  • ミュラー、フメルス、コマンら主力選手も出場

バイエルン・ミュンヘンが7月6日に新シーズン初の練習試合を行い、トーマス・ミュラーなどの得点でレギオナルリーガ(4部)のBCFウォルフラーツハウゼンに4ー1の勝利を収めた。

チームの大半の選手たちが休暇中、または完全にトレーニングに合流していない状況で、カルロ・アンチェロッティ監督は多くのリザーブチームメンバーを先発に入れざるを得なかったが、主力のミュラー、マッツ・フメルス、キングスレイ・コマンも先発。さらに負傷者続出のGK陣の穴を埋めるべく、一時的に現役復帰しているトム・シュターケがゴールマウスに立った。

バイエルンは3日前にプレシーズンのトレーニングを開始したばかりで、ティアゴ・アルカンタラやロベルト・レバンドフスキ、アリエン・ロッベンらは10日から練習を開始する予定。その後、チームは16日からアジアツアーに出発する予定となっている。