Summary

  • バイエルンが5部のエルランゲン・ブルックと練習試合
  • コマンの2ゴールなどで9ー1の大勝
  • 6日のウォルフラーツハウゼン(4部)戦に続いて2連勝

バイエルン・ミュンヘンが7月9日、ドイツ5部のエルランゲン・ブルックと練習試合を行い、キングスレイ・コマンの2ゴールなどで9ー1の大勝を収めた。

今夏2試合目となる練習試合には、トップチームからコマン、フアン・ベルナート、マッツ・フメルス、ハビ・マルティネス、トーマス・ミュラーが先発。さらにトップチームに昇格したばかりのオーストリア人DFマーコ・フリーデルも起用され、コマンとフリーデルのほか、ユースアカデミーのフランク・エビナ(2得点)、マルコ・ヒンガル(2得点)、ラファエル・オーバーマイヤー、ミヒャエル・シュトラインが次々と得点を挙げた。

バイエルンは6日に行われたウォルフラーツハウゼン戦に続いて練習試合で2連勝。15日のテレコムカップに出場後、ブンデスリーガ・ワールドツアー(7月16日〜28日)で中国、シンガポールを訪問する。