Summary

  • CLグループリーグ第2戦、パリ・サンジェルマン対バイエルン・ミュンヘン
  • 開始2分にアウベスが先制弾、カバーニとネイマールも追加点
  • バイエルンは無得点、0ー3の完敗

欧州チャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第2戦が9月27日に行われ、バイエルン・ミュンヘンは敵地でパリ・サンジェルマンと対戦し、0ー3で敗れた。

パリ・サンジェルマン 3ー0 バイエルン・ミュンヘン

スコアが動いたのは、開始のホイッスルが鳴り響いてから、わずか2分後だった。左サイドでボールを受けたネイマールが、バイエルン3選手を置き去りにしてカットインし、ペナルティーエリア右へ走り込んだアウベスにパス。そしてウルライヒの股下を抜くシュートが決まり、ホームのパリが先制点を奪う。

1点を追うバイエルンも19分、右CKの跳ね返りを拾い、最後はマルティネスが遠めの位置から右足アウトサイドで狙うも、GKアレオラが指先でコースを変え、CKに逃げるファインセーブを見せる。

27分にはドリブルで上がった中央のムバッペが、右に開くカバーニへ預ける。マルティネスの寄せを受けつつも、巧みにタイミングを外して右足を振り抜くが、ボールはポストの左へ流れていった。

するとその4分後、パリが素早い組み立てから追加点を挙げる。中盤まで下がって受けたカバーニからアウベスに渡り、絶妙のタイミングで縦パスが送られると、ムバッペがペナルティーエリア右でキープ。そして再びゴール前へ入ってきたカバーニにパスが通り、ダイレクトで放たれたシュートはゴール右上に突き刺さった。

後半に入っても、2点のリードを保つパリが試合を優位に進める。50分、左のムバッペからリターンパスを受けたネイマールが、GKウルライヒと1対1の場面を迎えるも、シュートは枠を捉えきれず。さらにその4分後、ルディのバックパスを奪ったネイマールがドリブルで突進し、やや距離のある位置から狙ったが、これもゴールを大きく外してしまった。

そして63分、アウベスの縦パスからムバッペがペナルティーエリア右に進入。シュートフェイントでアラバをかわし、中にグラウンダーパスを送ると、マルティネスがブロックしたこぼれ球をネイマールがネットに押し込む。個人技で上回るパリが、その差を3点とした。

このまま90分間の戦いは終了し、バイエルンは無得点のまま敗戦。グループBは連勝のパリが単独首位に立っている。

【得点】

パリ・サンジェルマン:アウベス(2分)、カバーニ(31分)、ネイマール(63分)
バイエルン・ミュンヘン:なし

【ラインナップ】

パリ・サンジェルマン(4ー3ー3)
アレオラ;アウベス、マルキーニョス、シウバ、クルザワ;ベッラッティ(90分 ドラクスラー)、モッタ(86分 ロセルソ)、ラビオ;ムバッペ(79分 ディマリア)、カバーニ、ネイマール

バイエルン・ミュンヘン(4ー2ー3ー1)
ウルライヒ;キミッヒ、ズューレ、マルティネス、アラバ;トリッソ(46分 ルディ)、ビダル;ミュラー(69分 ロッベン)、ティアゴ、ハメス(46分 コマン);レバンドフスキ