Summary

  • ブンデスリーガ第27節、ホッフェンハイムとバイエルンが対戦
  • クラマリッチの決勝ゴールでホッフェンハイムが1ー0勝利
  • ホッフェンハイムはバイエルン戦18試合目にして待望の初勝利

4月4日にブンデスリーガ第27節のホッフェンハイムバイエルン・ミュンヘンが行われ、ホームのホッフェンハイムがアンドレイ・クラマリッチのゴールを守り切って歴史的な勝利を収めた。

ホッフェンハイム 1ー0 バイエルン・ミュンヘン

試合はホッフェンハイムが前半から王者バイエルンを圧倒。キックオフから10分までに3度の決定的なチャンスを作り、一気に主導権を握った。ナディーム・アミリの決定的なシュートはバイエルンのGKスベン・ウルライヒに阻まれたものの、21分にクラマリッチが先制点をマーク。クラマリッチは最近5試合で5ゴール目と好調ぶりを見せつけた。

バイエルンは45分、ロベルト・レバンドフスキがキングスレイ・コマンのクロスにボレーで合わせたが、シュートはクロスバーを叩いて絶好の同点チャンスを逸する。60分になろうというところで、またしてもレバンドフスキに得点チャンスが訪れたが、ホッフェンハイムのGKオリバー・バウマンがセーブ。72分には交代で入ったばかりのフランク・リベリが決定機を迎えたが、ゴールネットを揺らすことができなかった。

ホッフェンハイムはブンデスリーガ通算200試合目という節目の一戦で、過去17戦未勝利だったバイエルンから歴史的な1勝をマーク。特に前半は、王者に対してここ数年で他のチームができなかった戦い方は披露した。なお、マン・オブ・ザ・マッチには決勝点のクラマリッチが選出されている。

【得点】
ホッフェンハイム:クラマリッチ(21分)

【ラインナップ】
ホッフェンハイム(5ー3ー2)
バウマン;トーリヤン、ズューレ、フォークト、ヒューブナー、ツバー;デミルバイ(62分 シュベークラー)、ルディ(75分 タラッツィーノ)、アミリ;クラマリッチ、ワーグナー(62分 ソロイ)

バイエルン・ミュンヘン(4ー2ー3ー1)
ウルライヒ;ラヒーニャ、ハビ・マルティネス、フメルス、アラバ(75分 ベルナート);シャビ・アロンソ、レナト・サンチェス(71分 リベリ);ロッベン、ビダル、コマン;レバンドフスキ