Summary

  • ハンブルクのMFニコライ・ミュラー、開幕節で負傷
  • 前十字靭帯断裂で約7カ月の離脱
  • 決勝ゴールを挙げるも、喜んだ際に負傷

酒井高徳がキャプテンを務めるハンブルガーSVは8月20日、MFニコライ・ミュラーが右ひざ前十字靭帯を断裂し、完治まで約7カ月を要することを発表した。

前日、ホームでアウクスブルクとの開幕戦で8分に先制点を挙げたミュラーだったが、ゴールを喜んだ際に足を痛めた。その後もプレーの続行を試みたが、15分に交代。ハンブルクはこのミュラーの1点を守り抜き、白星スタートを飾っている。

イェンス・トッドSDは「この診断結果は我々にとって大きなショックです。シーズンスタートにこのようなことになり、ニコライはとても辛いでしょう。彼の回復を祈るとともに、彼のサポートをしていきたい」とコメントしている。

ミュラーはブンデスリーガ通算163試合出場、37ゴールをマーク。昨季はリーグ25試合に出場し、5得点を挙げた。

ハンブルクの2016/17シーズン、トップゴール