Summary

  • ハンブルクU-21所属の伊藤達哉、トップチームでデビュー
  • ブンデスリーガに出場した日本人選手は30人目に
  • 歴代の日本人ブンデスリーガーをおさらい

ブンデスリーガ第6節が9月24日に行われ、酒井高徳がキャプテンを務めるハンブルガーSVに所属する20歳のMF伊藤達哉がレーバークーゼン戦の82分から出場し、ブンデスリーガデビューを果たした。これで1977年にケルンで日本人初のブンデスリーガーとなった奥寺康彦氏以来、同リーグでプレーした日本人選手は30人となった。

柏レイソルのユース出身の伊藤は2015年にハンブルクの下部組織に加入。今シーズン、同U-21としてレギオナルリーガ(4部相当)で7試合に出場し、5アシストをマークすると、9月20日のブンデスリーガ第5節ドルトムント戦でトップチームの試合に初めてベンチ入りし、第6節レーバークーゼン戦でブンデスリーガでデビューを飾った。

歴代の日本人ブンデスリーガーは下記の通り(1部のリーグ戦に出場した選手)。

順番選手名(所属クラブ)所属年(※)
1
奥寺康彦(ケルン、ブレーメン)1977-1980、1981-1986
2
尾崎加寿夫(ビーレフェルト、ザンクト・パウリ)1983-1988、1988-1989
3高原直泰(ハンブルク、フランクフルト)2003-2006、2006-2007
4稲本潤一(フランクフルト)2007-2009
5長谷部誠(ウォルフスブルク、ニュルンベルク、フランクフルト)2008-2013、2013-2014、2014-
6小野伸二(ボーフム)2008-2009
7大久保嘉人(ウォルフスブルク)2009
8香川真司(ドルトムント)2010-2012、2014-
9内田篤人(シャルケ)2010-2017
10矢野貴章(フライブルク)2010-2012
11槙野智章(ケルン)2011-2012
12岡崎慎司(シュトゥットガルト、マインツ)2011-2013、2013-2015
13細貝萌(アウクスブルク、レーバークーゼン、ヘルタ)2011-2012、2012-2013、2013-2015
14宇佐美貴史(バイエルン、ホッフェンハイム、アウクスブルク)2011-2012、2012-2013、2016-2017
15大津祐樹(ボルシアMG)2011-2012
16酒井高徳(シュトゥットガルト、ハンブルク)2012-2015、2015-
17清武弘嗣(ニュルンベルク、ハノーファー)2012-2014、2014-2016
18乾貴士(フランクフルト)2012-2015
19酒井宏樹(ハノーファー)2012-2016
20大前元紀(デュッセルドルフ)2013
21金崎夢生(ニュルンベルク)2013
22原口元気(ヘルタ)2014-
23大迫勇也(ケルン)2014-
24丸岡満(ドルトムント)2014-2015
25長澤和輝(ケルン)2014-2015
26武藤嘉紀(マインツ)2015-
27山口蛍(ハノーファー)2016
28浅野拓磨(シュトゥットガルト)2017-
29鎌田大地(フランクフルト)2017-
30伊藤達哉(ハンブルク)2017-

(※)クラブがブンデスリーガに所属している年を表示しており、選手がそのクラブに在籍している期間とは異なる場合あり