Summary

  • ブンデスリーガ第6節、レーバークーゼン対ハンブルガーSV
  • レーバークーゼンが3ー0で勝利
  • 酒井は今季リーグ戦で初のフル出場、伊藤もブンデスリーガにデビュー

ブンデスリーガ第6節最終日が9月24日に行われ、酒井高徳と伊藤達哉が所属するハンブルガーSVは敵地でレーバークーゼンと対戦し、0ー3で敗れた。酒井は今季初のフル出場、伊藤もブンデスリーガデビューを果たしている。

レーバークーゼン 3ー0 ハンブルガーSV

序盤は互いにボールを落ち着かせられず、やや慌ただしい内容となる。その中でも15分、ハンブルクのホルトビーが左に展開し、これを受けたサリホビッチが強烈なミドルシュート。DFに当たりCKを獲得する。

20分、ペナルティーエリア右のメーメディが中に切り返してシュートを打ち、これに対応した酒井がきっちりとブロックする。しかしその跳ね返りを拾ったヘンリクスがダイアゴナルのロビングパスを入れ、ゴール左のベイリーが頭で落としたところをフォラントがゴール。レーバークーゼンが先制点を奪うことに成功した。

さらにその3分後、左サイドに開くベイリーがアタッキングサードに入ったところでクロスボールを放り込み、DFとGKの間に飛び込んだアラリオが追加点。両者の点差は2点に広がった。

36分にも、ベイリーがペナルティーエリア左を縦に突破し、マイナス方向へグラウンダーのセンタリングを入れる。そして待っていたバウムガートリンガーがヒールで右に流し、至近距離からメーメディがシュートを打つが、この決定機でメーメディは力んでしまい、ボールは枠のはるか上へ飛んでいった。

後半に入り59分、右サイド高い位置でスローインを獲得したハンブルクは、ハーンがペナルティーエリア内に放り込み、フリーとなったホルトビーが強烈なシュートでゴールを脅かすも、GKレノがブロックした。

67分にはレーバークーゼンにチャンスが生まれる。右サイドをオーバーラップしたヘンリクスがファーサイドにセンタリングを入れ、メーメディが落としたボールをアラリオがシュート。だがハンブルクDFに当たってしまい、ネットを揺らすことはできない。

そして82分、普段はハンブルクのセカンドチームでプレーする伊藤が、ハーンとの交代でピッチに登場し、ブンデスリーガにデビュー。左アタッカーのポジションに入った。しかしその1分後、フォラントにこの日2点目を決められ、そのまま試合は終了。ハンブルクは開幕連勝の後、ここまで4連敗となっている。

【得点】

レーバークーゼン:フォラント(20分、83分)、アラリオ(23分)
ハンブルガーSV:なし

【ラインナップ】

レーバークーゼン(4ー2ー3ー1)
レノ;ヘンリクス、ター、ベンダー、ウェンデル;バウムガートリンガー、アランギス(84分 コア);ベイリー、フォラント、メーメディ(68分 ブラント);アラリオ(86分 ポーヤンパロ)

ハンブルガーSV(4ー3ー3)
マテニア;ディークマイヤー、パパドプロス、マブライ、酒井;ワラシ(46分 ワルトシュミット)、ユング、サリホビッチ(46分 ヤッタ);ハーン(82分 伊藤)、ウッド、ホルトビー