Summary

  • 2016/17シーズンも残り3試合、7チームに降格の可能性
  • 酒井がキャプテンを務めるハンブルクは降格圏の16位
  • 同クラブが残留する5つの理由を挙げる

2016/17シーズンのブンデスリーガも残り3試合となった。現時点では7チームに降格の可能性があり、残留争いは史上まれにみる混戦となっている。酒井高徳がキャプテンを務めるハンブルガーSVは第31節を終え、降格圏の16位に沈んでいるが、同クラブが今季も残留するであろう5つの理由を説明する。

(1)唯一無二

ブンデスリーガ初年度の1963/64シーズンに参戦していた16クラブ中、現在もブンデスリーガに所属するのはハンブルクとケルンアイントラハト・フランクフルトシャルケヘルタ・ベルリンブレーメンドルトムントの7クラブのみ。その中でハンブルクは唯一2部に降格したことがなく、54シーズンもトップリーグに居続けている。1978/79、1981/82、1982/83シーズンにはドイツ王者に輝き、これまでブンデスリーガでは1位〜16位まで全ての順位を経験してきた。しかし、最終順位が17位・18位になることだけは、決してなかったのだ。

2017年8月24日17 時、ブンデスリーガ開幕戦のキックオフから時を刻んでいるスタジアムの時計は「54年0日0時間0分0秒」と表示されるであろう。

(2)綱渡りの経験値

その名門もここ数年は常に残留争いを強いられ、2013/14、2014/15シーズンにはブンデスリーガ2部との入れ替え戦に回った。2013/14シーズンはフュルトと対戦し、第1戦はホームでスコアレスドローに終わったが、第2戦では1ー1で引き分けるもアウェーゴール数で勝り、残留を果たした。翌年はカールスルーエと第2戦を終えて合計スコア2ー2となり、延長戦へ突入。115分にニコライ・ミュラーが決勝点を挙げ、2年連続で降格を免れた。

メンバーの多くがこの綱渡りを乗り越えており、他のクラブに比べると残留争いの経験は豊富だ。

(3)運命を握るのは……

運命は自分たちが握っている。現在、順位は降格圏の16位に位置するが、勝ち点は15位ウォルフスブルクと14位マインツと同じ33。しかも両者とはこの後、直接対決を控えている。5月7日にはマインツと、最終節の20日にはウォルフスブルクと、いずれもホームでの試合となり、地の利に恵まれている。

(4)ホームで力を発揮

前述のように、残留を争うマインツとウォルフスブルクとの直接対決はハンブルクのホーム、イムテック・アレーナで開催される。ハンブルクは今季、アウェーで獲得した勝ち点はわずか9だが、ホームでのそれは24。前回のホーム戦は最下位ダルムシュタット相手にまさかの黒星を喫したが、この試合の前まではホームで11試合負けなしだった(8勝3分)。

(5)リカバリー

現在3連敗中ではあるが、後半戦は前半戦に比べると格段に調子を上げている。シーズンの折り返し地点の勝ち点は13で、順位は16位だったが、後半戦はここまでの14試合で勝ち点20を獲得。後半戦のみの順位表では9位に位置している。

2017年の初めに見せたようなパフォーマンスを取り戻すことができれば、来シーズンの開幕直後、スタジアムの時計は54年の時を刻むだろう。