Summary

  • 酒井キャプテン率いるハンブルク、2人目のDF補強
  • シャルケやレーバークーゼンで活躍したパパドプロスが期限付きで加入
  • チームは降格圏に沈んでおり、残留争いが激化する後半戦での巻き返しを図る

酒井高徳がキャプテンを務めるハンブルガーSVは1月16日、DFキリアコス・パパドプロス(24)が今シーズン終了までの期限付きで加入することを発表した。パパドプロスは今夏、レーバークーゼンからライプツィヒに期限付きで移籍していた。

ハンブルクのイェンス・トッドSDは、「変化に富んだディフェンスのスペシャリストであり、闘争心の強いパパドプロスを獲得できた。彼がハンブルクのユニフォームを着て、プレーするのを楽しみにしている」と同選手に期待を寄せる。

パパドプロスは、「移籍が実現してうれしい。ハンブルクはビッグクラブだ。そのクラブとチームが目標を達成するために、力になれたらと思う。僕のコンディションは良いし、明日のチームトレーニングを楽しみにしている」と話している。

ギリシャ代表として25試合に出場し、4得点をマークしているパパドプロスは2010年からシャルケ、2014年からレーバークーゼンに所属し、ブンデスリーガ92試合に出場、5得点を挙げている。今季は期限付きでライプツィヒに移籍したが、1試合の出場にとどまっていた。

ハンブルクは現在、3勝4分9敗で降格圏の16位に沈んでいる。ブンデスリーガの歴史が始まって以来、唯一2部に降格したことのない名門は今冬、メアギム・マブライに次いで2人目のセンターバックを補強し、伝統を守り抜く構えだ。