Summary

  • バイエルンのハメスがシャルケ戦でブンデスリーガ初先発
  • 先制点につながるPK獲得に加え、1ゴール1アシストの活躍
  • 公式戦出場3試合目にして早くも本領を発揮

9月19日に行われたブンデスリーガ第5節のバイエルン・ミュンヘンシャルケの一戦で、ブンデスリーガ初先発を飾ったバイエルンのハメス・ロドリゲスが初ゴールを記録した。

ハメスは今夏、レアル・マドリードから2年間の期限付き移籍でバイエルンに加入。プレシーズン中に負ったケガの影響で出遅れていたが、第3節のホッフェンハイム戦に途中出場してバイエルンでの公式戦デビューを飾っていた。

シャルケ戦では、前半にペナルティーエリア内で相手のハンドを誘ってPKを獲得。ロベルト・レバンドフスキの先制点につなげると、29分にはコランタン・トリッソのパスを受けて自らチームに2点目を挙げた。さらに後半には技ありの浮き玉のパスでアルトゥーロ・ビダルのゴールをアシスト。チームの3ー0快勝の原動力となった。

ハメスは試合終了後、「ゴールを決めることができて自信になった。今日は前よりもリラックスして試合に臨めた。いいプレーができていたし、得点することは自分にとってもいいことだ。今後もゴールを挙げてチームを助けたいし、チームメートのアシストもしたい」と初ゴールを喜んだ。