Summary

  • バイエルンのハメスがブンデスリーガで完璧な先発デビュー
  • 全3ゴールに絡む活躍でアウェー戦勝利の立役者に
  • 指揮官とチームメートは“まだまだ本調子じゃない”とさらなる活躍を期待

バイエルン・ミュンヘンのハメス・ロドリゲスが、ブンデスリーガ第5節のシャルケ戦で初の先発出場を果たし、全得点に絡む“満点デビュー”を飾った。あれだけのタレントを抱えながら、バイエルンがなぜ超大物の獲得に踏み切ったのか。その理由を知るには十分すぎる内容だった。

先発デビュー、即マッチウィナーに

この試合は文字どおり、ハメスの独壇場となった。前半25分にペナルティーエリア内で相手DFのハンドを誘って先制点につながるPKを獲得すると、29分にはコランタン・トリッソのパスを受けて自ら移籍後初ゴールをマーク。75分にはアルトゥーロ・ビダルのダメ押し弾をお膳立てして勝利の立役者となった。

敵地フェルティンズ・アレーナのピッチで次々と魔法をかけていくハメスの姿を見れば、カルロ・アンチェロッティ監督がなぜ彼の獲得を熱望していたのかも納得がいく。この日のようなパフォーマンスが続くのであれば、バイエルンにとってはこれ以上ないプラスだろう。

2014年のワールドカップ得点王は、ブンデスリーガのピッチでも生き生きとプレー。同僚のゼバスティアン・ルディは、「彼のような選手と一緒にプレーできるのはすごく楽しい。常にボールに触ろうとしていて、いつでもパスを受けられる体勢を取っていた」と頼もしいチームメートの存在を喜んだ。

チームの3点目を演出した芸術的な浮き球のパスに代表されるように、随所で巧みにボールをさばきを披露。チームメートからも自然とボールが集まり、ボールタッチ数は97回を記録した。

相手を惑わせる柔軟な動き

シャルケ戦では右サイドに張りつつ、中央のトーマス・ミュラーと頻繁にポジションチェンジしながら相手DFを混乱させた。ハメスのフレキシブルな動きによって、対戦相手はますますバイエルン攻略の見通しが立てにくくなるだろう。

いわゆるサイドアタッカーというよりは、ハーフポジションで力を発揮するタイプで、息の合った連係を見せたミュラーも「ハメスは攻撃にアクセントを与え続け、いい判断力も見せてくれた」と新たな相棒を歓迎した。ボールを失えば素早くプレスをかけて守備でも奮闘。走行距離も11キロ近い数字を残した。アンチェロッティ監督は「チームプレーを強く意識して動いていた」とその献身的なプレーを称えている。

チームメートはバージョンアップを確信

初シュートで移籍後初ゴールを挙げ、さらには初アシストも記録。初モノ尽くしとなったシャルケ戦は、まさに“ハメス・ショー”と呼ぶにふさわしかった。

プレシーズン中に太ももを痛めて開幕に間に合わず、ドイツでのキャリアには暗雲が漂っていたが、バイエルンデビューを飾った9月12日のアンデルレヒト戦(欧州チャンピオンズリーグ)ではいきなり92%のパス成功率を記録。ブンデスリーガでも圧巻の先発デビューを飾り、期待どおりの道を歩み始めている。

アンチェロティ監督はシャルケ戦後、「フィジカル的にはまだ100%ではない」とコメント。同じくルディも「彼はまだまだ出し切ってないと思うよ」と話している。万全でなくてこのハイパフォーマンス。これからのハメスのプレーが楽しみだ。