Summary

  • ハノーファーが宇佐美のデュッセルドルフからベブー獲得
  • 契約期間は2021年6月30日まで

今季ブンデスリーガへ昇格し、開幕連勝を飾ったハノーファーは8月31日、宇佐美貴史が所属する2部フォルトゥナ・デュッセルドルフからイフラス・ベブーを完全移籍で獲得したと発表した。契約期間は2021年6月30日まで。

11歳の時にトーゴからドイツへやって来たベブーは、2013年にデュッセルドルフでブンデスリーガ2部デビューを果たした。右サイドMFやセンターフォワードなどを務め、2016/17シーズンは同クラブフィールドプレーヤーで最多の32試合に出場。今季もここまで全4試合に出場し、2ゴールを決める働きだった。

ハノーファーのホースト・ヘルトSDは、「アウトサイドの攻撃的プレーヤーが次々と負傷離脱してしまったため、もう1度移籍市場に目を向けなければなりませんでした。他のクラブからの誘いもあった中、ベブーがハノーファーへの移籍を選んでくれたことについて、本当にうれしく思っています」とコメントしており、またベブーも「ハノーファーへの移籍は私にとって大きな一歩となります。ブンデスリーガでプレーすることは、私の夢でした。インターナショナルウィークが終わった後のリーグ戦再開が、今から待ちきれませんね」と、喜びを語った。