Summary

  • 武藤所属のマインツが元主将ノベスキの引退試合を開催
  • かつての恩師クロップ監督とトゥヘル氏の姿も

武藤嘉紀が所属するマインツは9月2日、2014/15シーズンまで11年間にわたって同クラブに所属し、主将も務めたニコルチェ・ノベスキの引退試合を行った。

チーム・マインツとチーム・ニコルチェの両軍には、マヌエル・フリードリッヒやネベン・ズボティッチ、モハメド・ジダン、ズデネク・ポスペク、エルキン・ソト、イバン・クラスニッチなど、かつてノベスキとともにプレーした選手が名を連ねた。またリバプール現指揮官ユルゲン・クロップ監督と、昨季までドルトムントを率いていたトーマス・トゥヘル氏の2人が、それぞれ監督を務めるなど、指導者陣も非常に豪華な顔ぶれとなった。

試合は9ー6でチーム・マインツが勝利している。