Summary

  • バイエルンのノイアー、IFFHSの選ぶ世界最優秀GKに
  • 4年連続4回目の快挙
  • 同賞の受賞歴は歴代2位タイへ

国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)は12月25日、2016年の世界最優秀ゴールキーパーにバイエルン・ミュンヘンのマヌエル・ノイアーが選出されたことを発表した。

56カ国のサッカー専門家の投票により、ノイアーは156ポイントを獲得。2位は91ポイントで、ユベントス(イタリア)のジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス/イタリア)だった。

これでノイアーは4年連続4回目の受賞となり、ブッフォンと並んで同賞の獲得回数は歴代2位に。最多受賞を果たしているのは、5回のイケル・カシージャス(ポルト/ポルトガル)となっている。