Summary

  • バイエルンのGKノイアーがCLレアル戦で負傷
  • 試合直後の初期診断は左足の骨折
  • 帰国後にミュンヘンで精密検査を受ける予定

バイエルン・ミュンヘンのGKマヌエル・ノイアーが4月18日に行われた欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグのレアル・マドリード戦で左足を負傷した。

ノイアーは延長後半の109分にクリスティアーノ・ロナウドにゴールを許した直後に負傷した模様。試合終了後には左足の骨折と診断されており、ミュンヘンに戻り次第、詳細な診断を受けて今後の治療法などを決めるという。