10月17日に行われたブンデスリーガ第9節で、バイエルン・ミュンヘンブレーメンに1-0で勝利し、ブンデスリーガ史上初の開幕から9連勝となった。この試合をデータで振り返る。

ミュラーとノイアー、記録更新中

  • バイエルンのボールタッチ数は今シーズン最多となる1017回。ポゼッション率は74%だった

  • バイエルンの合計シュート数(13)は今シーズン最少で、1ゴールのみに終わったのも初めてだった

  • FWトーマス・ミュラーが今季9ゴール目を挙げた。バイエルンはミュラーが得点を決めた試合では43試合連続で勝利している

  • GKマヌエル・ノイアーがブンデスリーガで無失点に抑えたのは137試合目。ゼップ・マイヤーに並んで、歴代5位の記録となった。 GK無失点試合数ランキングのトップはオリバー・カーン氏(元バイエルン)で、204試合となっている

  • DFジェローム・ボアテング は1対1の競り合いで6回のうち一度しか負けておらず、DFダビド・アラバ は全10回を制している

  • 今夏加入したFWドグラス・コスタが今季初めて先発から外れた

ブレーメン、チーム史上初の5連敗

  • ブレーメンはチーム史上初の5連敗を喫した

  • ブレーメンはバイエルンに11連敗となった

  • ブレーメンは12試合連続で失点中。現況のブンデスリーガで最長シリーズとなっている

  • DFクレメンス・フリッツがブンデスリーガ250試合出場を達成。残念ながら、この試合が100敗目となってしまった