マインツドルトムント
トーマス・トゥヘル監督は2009年から5シーズン指揮した古巣マインツと初めて対戦する。

シャルケヘルタ・ベルリン
シャルケはヘルタ戦13試合連続負けなし。

ブレーメンバイエルン・ミュンヘン
バイエルンがこの試合で勝利を収めれば、同クラブはリーグ史上初の開幕9連勝となる。

ハンブルガーSVレーバークーゼン
ハンブルクのブルーノ・ラバディア監督は、これまで指揮官としてレーバークーゼンと7回対戦し、1度も勝利を手にしていない。

ウォルフスブルクホッフェンハイム
ウォルフスブルクは現在ホーム26戦負けなし。クラブ記録を更新中。

アウクスブルクダルムシュタット
アウクスブルクは公式戦12試合連続でダルムシュタットに負けていない。

フランクフルトメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)
フランクフルトがブンデスリーガで最も勝利を収めている相手はボルシアMGである。

ケルンハノーファー
ケルンはホーム14試合連続で負けなし。

シュトゥットガルトインゴルシュタット
今季の無失点試合数はシュトゥットガルトが0、インゴルシュタットは5。

【第8節までの各クラブトップ項目】

マインツ: 1試合あたりの全選手走行距離は118.3km。MFユリアン・バウムガートリンガーはここまで96.2kmを記録し、1試合平均12kmを走破している。

ドルトムント: 1対1勝率はリーグトップの55%。主将のDFマッツ・フメルスは69%である。

シャルケ: CKからの得点は2で最多。どちらもMFヨハネス・ガイスが送ったボールを、DFジョエル・マティプが頭で決めている。

ヘルタ: 中盤の選手に点を取られたのは1回だけ。

ブレーメン: ヘディングシュートは28本。エースFWアンソニー・ウジャーは10本放っている。

バイエルン: パス成功率は88%を記録。その中でもDFラフィーニャは93%。

ハンブルク: 開始15分以内の失点が0。これまでで最も早い失点は前節ヘルタ戦の17分。

レーバークーゼン: 1対1回数は1958回で最多。FWシュテファン・キースリングは1人で231回を記録し、90分間に換算すると39回。

ウォルフスブルク: 最も効率的なFW陣。21本のシュートで6得点を稼いでいる。FWバス・ドストはシュート約3本で1ゴールの計算。

ホッフェンハイム: 開始15分以内の得点は4でリーグ最多。そのうち2点はMFケビン・フォラントから。

アウクスブルク: DFのゴール数が全クラブでトップとなる3得点。すべてDFパウル・フェアハークがPKから決めた。

ダルムシュタット: ビッグチャンス決定率が83%でリーグトップ。MFマーセル・ヘラーは2回で2得点。FWサンドロ・ワーグナーも3回で2得点。

フランクフルト: カウンターから6得点。新加入FWルーク・カスタイニョスはそのうち4得点を決めている。

ボルシアMG: 先制点を奪った試合はすべて勝利している。

ケルン: ヘディングゴールは5得点。そのうち3ゴールはFWアントニー・モデステから。

ハノーファー: MFサリフ・サネはブンデスリーガ全MFで最も1対1勝率が高く、63%をマーク。

シュトゥットガルト: 1試合平均のスプリント数が248回で最も多い。

インゴルシュタット: 無失点試合5回はリーグトップ。守護神のGKラマサン・エツチャンは枠内シュート阻止率90%。