ブンデスリーガ第8節最終日は10月4日、各地で3試合が行われ、香川真司が所属するドルトムントは敵地で王者バイエルンとデア・クラシカーと呼ばれる伝統対決に臨み、1ー5で敗れた。香川は先発し、53分までプレーした。

バイエルン 5ー1 ドルトムント

試合が動いたのは26分、ボアテングがロビングパスを前線に送り、ミュラーが抜け出す。飛び出してきたビュルキをかわし、誰もいないゴールマウスへシュート。バイエルンが先制する。さらに34分、ミキタリヤンがティアゴをペナルティーエリア内で倒し、バイエルンにPKが与えられる。これを35分、ミュラーがきっちりと決めリードが2点に広がる。しかし36分、カストロが右からグラウンダーのセンタリングを入れ、オバメヤンがファーサイドで押し込み、ドルトムントが1点を返した。

2-1で迎えた後半、開始1分もたたない時だった。再びボアテングが裏へ長いボールを蹴ると、レバンドフスキが抜け出し、ビュルキもかわして追加点。 さらに58分、ゲッツェが右から速いクロスボールを入れ、ファーサイドのレバンドフスキが押し込み4-1となる。そして66分、ティアゴとピシュチェクが競ったこぼれ球をゲッツェが決め、バイエルンがついに4点をリード。1位対2位の首位攻防戦はバイエルンの圧勝に終わった。