欧州チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第2節が9月30日に行われ、ウォルフスブルクは敵地でマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)に1-2で敗れた。ウォルフスブルクのグループBは2試合を終えて全チームが勝ち点3で並んでいる。

マンチェスター・ユナイテッド -1 ウォルフスブルク

この試合最初のシュートが得点につながった。4分、カリジュリが左サイドを相手DFを交わしながらドリブルで駆け上がり、ドラクスラー、クルーゼと細かいパスをつなぐと、最後は再びカリジュリがペナルティーエリア内中央からゴールネットを揺らした。13分、今度は相手が絶好機を迎えるが、マタのシュートはダンテが頭で回避。26分にはマルティアルのクロスにルーニーが合わせるが、シュートはゴール上を越えた。守備陣の奮闘により相手の攻撃をしのいでいたウォルフスブルクだったが、カリジュリのファウルでPKを献上すると、これをマタがに決められて34分に同点に追いつかれる。ポゼッション率で上回る相手に、ウォルフスブルクはチャンスらしいチャンスをつくれないまま前半を折り返した。

53分、マタの技ありのバックヒールからスモーリングに決められ、逆転を許す。攻撃の形をなかなかつくれないウォルフスブルクは70分にベントナーとシュアレを同時に投入し、てこ入れを図る。するとその1分後、シュアレが相手DFを振り切りながらグラウンダーのシュートを放ったが、わずかにゴール左脇に逸れた。ここからさらに粘りを見せるウォルフスブルクは87分にロドリゲスが直接FKを狙うが、これも枠を捉えられない。このまま試合は終了し、ウォルフスブルクは初黒星を喫した。