清武弘嗣と酒井宏樹の所属するハノーファーは9月24日、酒井が次節のウォルフスブルク戦に欠場することを、クラブ公式ツイッターで発表した。

酒井は23日に行われたブンデスリーガ第6節シュトゥットガルト戦でフル出場したが、この試合中に右太もも裏の筋肉を負傷。翌23日、午前中に行われたMRI検査の結果から、2日後のウォルフスブルク戦の出場は見送られることが決まった。

またハノーファーは、同じくシュトゥットガルト戦で負傷した清武の次節出場も危ぶまれていることを明かした。最終判断には時間を要するとされる。