9月20日、ブンデスリーガ第5節で香川真司の所属するドルトムントはホームでレーバークーゼンを3ー0で下し、5連勝となった。フル出場し、1ゴール1アシストで勝利に貢献した香川が試合後インタビューに答えた。

――ドルトムントに復帰してから最も良いパフォーマンスをした試合だったのでは?

香川 いや、まだそんな感じはしていないです。ただ、しっかりと無失点で勝ちきれて、良い時間帯にゴールも決められて、そういう流れは良かったと思いますけど、ベストだと感じることはなかったです。

――今日のように対角線上へのロングボールを多用しているところが、以前の戦い方との変化なのでしょうか?

香川 そうですね、まあスカウティングでも両サイドバックが高い位置を取った後の裏を狙えということは言われていました。きょうは特にそれを意識をして、うまく先制点につながったのかなと思います。

――自身やミキタリヤンなど、トゥヘル監督の下で本領を発揮し始めている選手が多いのでは?

香川 練習もそうですし、試合も楽しくできていますし、監督が自分たちに自信を与えてくれるので・・・言葉であったり、コミュニケーションを取ってくれるので、それがすごく自分たちにとって良い流れにつながっていると思います。ただ、これを続けて、ハードワークをしていきたいと思います。

――アシストのシーンはホーフマンをちゃんと見ていた?

香川 そうですね、見えてました。ただ、ちょっとボールが強いかなという感じはしたんですけど、(ホーフマンが)駆け引きして相手のミスにつながったのかなと思うので。狙い通りだったので良かったと思います。

――得点を決めたシーンについては?

香川 いや、もうトラップした瞬間に相手(DF)がこっち(右後方)から来ているのが分かって、ブロックされると思ったので。まあシュートは良かったんですけど、うまくタイミング的にずれたり、GKが読んでる逆をいったのかは分からないですけど、コロコロシュートにはなりましたけど、入って良かったなというのが率直な感想です。

この試合の記事へ