9月11日から13日にかけてブンデスリーガが2週間ぶりに開催される。ここでは第4節全9試合の注目データを以下に紹介していく

メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)対ハンブルガーSV
過去13回の対戦でボルシアMGが無得点に終わったのは1度だけ。

ハノーファードルトムント
ブンデスリーガでの対戦で0-0のスコアレスドローに終わったことは、過去48試合で1度もない。(両者が2部にいた1974/75シーズンには1度だけある)

バイエルン・ミュンヘンアウクスブルク
グアルディオラ監督がバイエルンに就任して以降、同クラブがリーグ戦で2回以上負けた相手はアウクスブルクのみ。

レーバークーゼンダルムシュタット
レーバークーゼンは本拠地での直近11試合の公式戦のうち、10試合で完封している。喫した失点はわずかに1。

ヘルタ・ベルリンシュトゥットガルト
ヘルタのホームで開催された前回の対戦ではFWカルーの活躍によりヘルタが3-2で勝利している。同選手はこれまでリーグ戦30試合に出場し、この試合で唯一1試合2得点を達成。

インゴルシュタットウォルフスブルク
インゴルシュタットは今シーズンのブンデスリーガで最も効率の良いチーム。得点2で勝ち点6を得ている。

アイントラハト・フランクフルトケルン
フランクフルトはケルンと対戦した直近9試合のうち、1度しか勝利していない。

ホッフェンハイムブレーメン
過去14回の対戦のうち、ホッフェンハイムが勝てたのは1度だけ。

シャルケマインツ
同カードがリーグ前半戦に行われるとシャルケがマインツに9勝しているが、しかし後半戦になるとシャルケはたった1度しか勝てていない。