8月31日をもって2015/16シーズン夏の移籍市場は閉幕した。そして今週末(9月11日〜13日)には新たな選手たちが加入してから初めてのブンデスリーガが開催される。そんな中、ブンデスリーガ公式サイトは、ドイツサッカーの重鎮であり、監督として数々のクラブに成功をもたらしたクリストフ・ダウム氏とのインタビューを行った。

——ダウムさん、移籍市場終盤での動きに驚きはありましたか?

ダウム氏 30年以上この世界にいるので、同様のことは(夏と冬で)60回以上見てきた。だからもう驚きはしないよ。

 ——もし選手がどうしても移籍したいと言ってきた場合、そのクラブは無力なのでしょうか?

ダウム氏 場合によるね。それを一般化して言うことはできない。これはビジネスだからだ。例えば2年前にドルトムントはロベルト・レバンドフスキを移籍させなかったが、それによって彼らは約2500万ユーロ(約34億円)の移籍金を手放すことになった。もちろんそれは決して少ない額ではない。けれど、一体誰が引き止められると言うんだ? それをできるのはわずかなクラブだけだ。ブンデスリーガにおいては、17つの“手放すクラブ”と、1つの“手放さなくてもいいクラブ”がある。

——ウォルフスブルクはケビン・デブロイネを放出し、代わりにシャルケからユリアン・ドラクスラーを補強しました。この移籍劇については何を感じましたか?

ダウム氏 彼は昨シーズン難しい時間を過ごした。この先、負傷などに見舞われることがなければ、彼はドイツでも最も才能にあふれた選手の1人として存在していくだろう。移籍をし、新たな挑戦を始めることで、彼はもう1つ上の段階へ行くだろう。きっとシャルケに残っても活躍はできていたと思うが、ウォルフスブルク側から見たら、この補強は大成功だろうね。

——チチャリート(ハビエル・エルナンデス)がマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)からレーバークーゼンに加入しました。これについては?

ダウム氏 彼は小柄だが、縦横無尽に走り回り、非常に機敏な選手だ。マンチェスター・Uでプレーしていた時も、見るのが楽しみな選手だったよ。レーバークーゼンのクオリティーは間違いなく上がるだろうね。在籍している他のFWにとっても競争が生まれる。結果的にレーバークーゼンの前線は非常に活性化すると考えている。

——ハンブルガーSVはウォルフスブルクからアーロン・ハントを獲得しました。ルイス・ホルトビーとタイプが似ている選手ですが、この補強は意味があったのでしょうか?

ダウム氏 ハントはどのチームに行っても素晴らしい選手だよ。経験豊富で、チームを引っ張ることができる。もしブレーメンにいた時のようなフォームを取り戻せば、ハンブルクにとっては最高の補強になる。しかしまだ時間が必要だ。ウォルフスブルクで彼は出場機会を失い、以前のようなプレーができていなかった。ハントは元々リーダー的な人間だと色んな人から聞いているが、これもハンブルクにとっては良いことだろうね。なぜなら彼らは今、リーダーを探しているんだから。

——その他で興味深いのは出番を失っていたシュトゥットガルトからヘルタ・ベルリンへ移籍したベダド・イビシェビッチが挙げられるでしょうか。

ダウム氏 イビシェビッチはその前に負傷をしていた。難しい状況だっただろう。しかしその得点率を見れば、彼が近年のブンデスリーガでもトップレベルのFWであることは間違いない。彼はヘルタを助けることができるはずだ。