香川真司が所属するドルトムントは8月31日、マンチェスターUからMFアドナン・ヤヌザイを期限付きで獲得した。マンチェスターUで香川とポジションを争ったライバルとして、すでに日本では知られた存在ではあるが、同選手について知っておきたい10項目を以下に挙げていく。

誕生

両親はともにアルバニア人。1992年にコソボからベルギーへ逃れ、母と父は同国で知り合った。そして1995年2月5日、ベルギーの首都ブリュッセルでヤヌザイは誕生。2月5日はクリスティアーノ・ロナウド、カルロス・テベス、ネイマールら、世界的プレーヤーの誕生日でもある。

10代で英国へ

10歳でアンデルレヒトに入団し、圧倒的なパフォーマンスを見せていたヤヌザイは、16歳の時にマンチェスターUの下部組織に引き抜かれていった。

左足

両足を遜色なく使いこなす選手が多い中、ヤヌザイはトラップからパス、ドリブル、シュートにいたるまで、利き足である左足を使ったプレーが非常に多い。

選択

生まれ育ったベルギーをはじめ、両親の祖国アルバニア、セルビア、トルコなどの代表選手になる権利があったが、2014年4月にベルギー代表を選択。同年のW杯ブラジル大会に出場し、これまで6試合に出場している。

ドリブル

柔らかいボールタッチと高い敏捷性から、切れ味鋭いドリブルを披露する。ただしプレミアリーグでは47試合出場で得点は5。シュートをきっちりゴールに決めることを課題としている。

鮮烈な先発デビュー

2013年10月、サンダーランド戦で初の先発出場を飾ったヤヌザイ。その試合でいきなり2得点を決め、チームを2−1の勝利に導いている。

セットプレー

ヤヌザイの正確無比なキックは、FKやCKでも威力を発揮。セットプレーからの得点が少ないドルトムントにとっては、その選択肢が増えることになる。

フレキシブル

上述のドリブルを武器に、左サイドであれば縦への突破、右サイドであれば中へカットイン、中央であれば敵を引きつけ最高のラストパスを送るなど、2列目のポジションであれば、どこでもプレーが可能。

ファーガソン

27年間マンチェスターU指揮官を務めたファーガソン監督は、勇退する2012/13シーズン最後の試合でヤヌザイをベンチ入りさせた。同クラブ下部組織出身選手にとって、これ以上の誉れはないだろう。

タイトル

これまでは2014年のイングランド・スーパーカップと、2013年のUー21リーグでしかトロフィーを掲げたことがなく、意外とタイトルには恵まれていない。ドルトムント加入の際にヤヌザイは「できるだけ多くの大会で優勝したい」と話している。