香川真司が所属するドルトムントは8月29日、マインツからDF朴柱昊(パク・チュホ)を獲得したことを発表した。契約は2018年6月末まで。

朴は水戸ホーリーホック(J2)、鹿島アントラーズ、ジュピロ磐田(いずれもJ1)を経て、2011年にスイスのFCバーゼルに移籍。2013年7月にマインツに加入し、ブンデスリーガ44試合に出場。韓国代表としては国際Aマッチ26試合に出場している。

ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSDは、「朴柱昊はチームにとって理想的な左SBの補強だ」と話している。