ブンデスリーガ第2節のホッフェンハイムバイエルン・ミュンヘン(8月22日)で、ホッフェンハイムのケビン・フォラントがバイエルンGKマヌエル・ノイアーから開始わずか9秒でゴールを奪った。これはブンデスリーガ最速ゴール記録で、昨シーズンの開幕節でレーバークーゼンのカリム・ベララビがドルトムント相手に決めた記録と並ぶ。

試合から2日後、ノイアーが自身のツイッターで、当サイトがこの最速ゴールについて作成したグラフィックのリンクとともに、フォラントに対して「もう二度とさせない」と投稿した。

世界最優秀GKのノイアーにとって、まさか自身がブンデスリーガ最速失点を喫するとは、夢にも思っていなかったのはないだろうか。ただ、最終的にこの試合は王者バイエルンが1ー2で逆転し、連勝スタートを飾っている。