香川真司が所属するドルトムントは8月20日、欧州リーグ(EL)のプレーオフ第1戦をアウェーで戦い、オッズBK(ノルウェー)に4-3で勝利を収めた。香川はトップ下でフル出場し、47分に得点を挙げ、84分にはチームの勝ち越しゴールをアシストした。

オッズBK 3-4 ドルトムント

オッズBK(オッド)のキックオフから始まったわずか13秒後、ドルトムントはいきなり失点を喫する。ゼフニニが左サイドを突破し、そのクロスにサムエルセンが頭で飛び込み、オッドが先制した。すぐさま反撃に出るドルトムントだったが、香川がトラップから相手DFを交わして放ったシュートは惜しくもクロスバーに弾かれる。ドルトムントは前へ前へと攻め込もうとするが、好守に阻まれ、なかなか近距離からシュートを打てない。すると19分、フメルスがボールを奪われると、中央でパスを受けたノルクベレにペナルティーエリア前でGKバイデンフェラーが交わされ、0-2とされる。その3分後には、FKを直接たたき込まれ、まさかの3失点目となった。このままで終われないドルトムントは34分、オバメヤンの絶好機は相手GKにカットされたが、こぼれ球をそのままつなぎ、ギュンドアンがミドルシュート。これを相手GKが取りこぼしたところを、オバメヤンが押し込んでようやく1点を返した。 

後半開始直後、今度はドルトムントがお返しにとすぐにゴールを奪う。シュメルツァーのクロスをゴール前の香川がダイレクトで決め、1点差に迫った。前半ほどの勢いがなくなった相手に対し、ドルトムントがピンチを迎える場面はほとんどなくなったが、個人技やコンビネーションから相手ゴールに何度も襲いかかっても追加点を挙げることができない。それでも76分、左サイドのシュメルツァーのクロスをオバメヤンが合わせ、ついに同点に追いつく。84分には左サイドの香川が相手DFを交わしてクロスを挙げ、これをミキタリヤンが頭で決め、逆転に成功。このまま試合は終了し、ドルトムントはなんとか第1戦を手中に収めた。