今季、シャフタール・ドネツク(ウクライナ1部)からバイエルン・ミュンヘンに新加入したドグラス・コスタ。ブラジル代表で24歳のウイングプレイヤーは、ブンデスリーガでのデビューとなった開幕戦で、いきなり1得点1アシストの大活躍を見せ、そのスピードと高い技術でファンの心をわしづかみにした。そのコスタがインタビューに応え、ブンデスリーガでの新な挑戦について語った。

ーーコスタ選手、ミュンヘンへやって来てから5週間が経ち、先週末にはブンデスリーガでのデビューも果たしましたが、これまでの感触についてお話しください。

ドグラス・コスタ これまで本当に良い感触を得られています。全て順調で、この移籍によって自分の夢が叶えられたような気持ちです。チームの一員であること、そして新しいチームメイトと分かり合っていく過程で、ひしひしと喜び感じています。

ーーバイエルン・ミュンヘンでの挑戦は、どのようなものですか?

コスタ ミュンヘンでは自分を追い込まなくてはいけない。沢山練習をしなくてはいけないし、チームメイトのことを、例えば彼らの走るコースや、どんなタイプの選手なのかなど、もっともっと知っていかなくてはいけない。でも、全てうまく運ぶと思います。素晴らしいチームですからね。

ーーバイエルン・ミュンヘンを選んだ決め手は、何だったのですか?

コスタ バイエルン・ミュンヘンが自分にとってナンバーワンのチームだからです。素晴らしい監督と、多くの素晴らしい選手がそろっている。このチームの一員として、多くを成し遂げることができると思っています。

ーー移籍を決める際に、ブンデスリーガについて知っていたことを教えてください。

コスタ ブンデスリーガについて、あまり知っていることはありませんでした。ただ、ドイツ代表選手のプレーなどは見ていましたし、ブラジル代表ではロベルト・フィルミーノ(ホッフェンハイム→リバープール/英国)に、話しを聞いていました。フィルミーノは、ブンデスリーガでプレーする価値の高さを話してくれました。そして、ものすごく白熱したリーグで、最後の最後まで気が抜けないことも。特にバイエルンではね(笑)

ーードイツのサッカーを、どのように評価していますか?

コスタ ドイツサッカーは今の段階で、世界最高のサッカーだと思います。

ーーグアルディオラ監督についての印象を教えてください。

コスタ 監督の練習方法や戦術など、僕にとっては全てが新鮮で、とても気に入っています。周りのチームメイトを見ると、彼らが監督から多くを学んだことが、すぐ分かります。非常に満足していますよ。

インフォグラフィック:コスタのことをもっと知ろう