ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)1回戦の2日目が8月8日に行われ、長谷部誠と乾貴士が所属するアイントラハト・フランクフルトは5部のブレーマーSVに3-0で快勝した。長谷部はSBとしてフル出場し、乾は左サイドハーフとして先発し、62分にベンチに下がった。

ブレーマーSV 0-3 フランクフルト

最初のシュートチャンスは11分、乾がカウンターから素早くボールを送り、これをセフェロビッチが距離のある位置から放ったが相手GKに阻まれた。ここまで3度の好機を決められないでいたフランクフルトだったが、31分に新加入のライナーツとカスタイニョスのコンビからゴールが生まれる。40分のルスのシュートは相手GKの好セーブにより防がれたが、1点のリードで前半を折り返した。

後半開始直後の52分、ペナルティーエリア内からの乾のパスを相手GKがミス処理したところを、アイクナーが詰めて追加点を挙げる。71分にはワルトシュミットがだめ押しの3点目を奪い、フランクフルトが順当に2回戦への進出を決めた。