ブンデスリーガの全18チームが直接CKの数を競う「コーナーキング」。各クラブに15回のチャンスが与えられ、代表者(3〜6人)がコーナーキック の位置から直接ゴールを狙う(ワンバウンドまでOK)。最強キッカーは誰なのか? トップに輝くのはどのクラブなのか? 第2弾は酒井高徳が所属するハンブルガーSVが挑戦。キッカーを務めるのは、DFマティアス・オスチョレク、DFエミル・スパヒッチ、DFローニー・マーコス、FWアルチョムス・ルドネフス、FWジャック・ゾア(8月6日にガゼレク・アジャクシオへ移籍)。

※この「コーナーキング」の動画は毎週火曜日と金曜日に1クラブずつ追加していきます

「コーナーキング」動画一覧はこちらから