8月6日、欧州リーグ(EL)予選3回戦の第2戦が行われ、香川真司が所属するドルトムントは本拠地でウォルフスベルガーACと戦い、5-0で勝利した。試合後、先発から65分までプレーした香川がインタビューに応じている。

――試合について。

香川 前半は相手も引いていたから難しかったですね。

――監督からの試合前の指示は?

香川 やっぱりああいう引いた相手だから「逆サイドに」と。「ボールを持った時にSBとSHの連携というのは意識しろ」と言われました。

――個人的には?

香川 (他の選手に対して)監督も「真司を見ろ」と話がありました。その中でうまくターンしてというのは考えていたんですけど、やっぱりあそこ(中央)の守備は固いですし、難しさはありました。

――DFを抜いてゴールを決めたが、オバメヤンがオフサイドでそのゴールは取り消されてしまった。

香川 そうですね、でも確かに(オバメヤンがDFを)ブロックしていたから、オフサイドを取られてもしょうがないです。そもそも切り返した時にもう少し右側に出せれば、DFはさらについてこれなかったという気がしますけどね。

――他の選手はゴールを決めた。得点が欲しかったのでは?

香川 もちろんどの試合も結果は欲しいですし、また次の試合に準備してやっていきたいなと思います。