まず、昨日行われた強化試合ロザラム・ユナイテッド(イングランド)戦でひかがみを負傷し、前半のうちにピッチを去ってしまったマインツ所属の武藤嘉紀。しかし昨晩の試合後、元気な姿でフランクフルト・ハーン空港に降り立っている。

大迫勇也と長澤和輝が所属するケルンは、コロニアカップ2日目。昨日ストーク・シティ(イングランド)に勝利した同クラブは、15時からの決勝戦でバレンシア(スペイン)と対戦した。前半のうちにホジナーとフォークトが得点を決め、後半にもヨイッチが追加点。3-2でコロニアカップ優勝を飾った。また大迫と長澤は先発を外れたが、ともに58分から途中出場している。

内田篤人の所属するシャルケは今季初めて、本拠地であるフェルティンス・アレーナで試合を行った。オランダ1部のトゥエンテを相手に試合を優勢に進めたシャルケは28分、マインツから新加入したヨハネス・ガイスの直接フリーキックで先制したが終盤に失点し、1−1と引き分けた。

膝の故障でリハビリ中の内田はこの日行われた新シーズンのお披露目で、久しぶりにファンの前へ姿を見せた。ファンからの声援に「ダンケ、シャッツィー」(ありがとうハニー)と応えて笑いを誘った。