きょうも合宿地やホームタウンで新シーズンに向けて汗を流すブンデスリーガの選手たち。ピッチ外も含め、日本人選手の本日の様子をまとめた。

フランス・エビアンで合宿中のマインツ武藤嘉紀はトレーニング後に取材を受けた。

ドルトムントの香川真司もドイツメディアの取材対応。

長谷部誠の動向をレポートしてくれたのは、チームメイトの乾貴士。

ヘルタ・ベルリンの公式ツイッターは原口元気の後ろ姿を「セクシー・ゲンキ」とツイート。

ハンブルクはサークルトレーニングを実施。酒井高徳も真剣に取り組む。

右ひざの手術を受け、リハビリ中の内田篤人に対し、シャルケのチームメイトが日本語で激励している。

新しいテレビを購入したというカールスルーエの山田大記は、リモコンに「Football」というボタンがあることに驚く。

強化試合プレーバック

ドルトムント 4 − 1 ルツェルンイ(スイス)香川真司の所属するドルトムントは合宿先のバート・ラガツ(スイス)でルツェルン(スイス1部)と対戦。先発した香川は10分、速攻の匂いをかぎつけてマーコ・ロイスの先制点をアシストするなど活躍し、前半で退いた。

ハノーファー 1 − 1 マジョルカ(スペイン)清武弘嗣と酒井宏樹のハノーファーは、地元近郊のイルテンでスペイン2部のマジョルカと対戦。先制には成功したが、前半終了間際に追いつかれてそのまま引き分けた。酒井宏樹は先発し、前半で退いた。

ヘルタ 2 − 2 グレーディヒ(オーストリア)細貝萌と原口元気のヘルタはオーストリア1部のグレーディヒと対戦。1−1だった64分、相手に勝ち越しを許したヘルタだったが、粘りを見せて68分に追いつき、同点に持ち込んだ。細貝はフル出場し、原口は出場しなかった。

フランクフルト 2 − 1 リーズ・ユナイテッド(イングランド)長谷部誠と乾貴士のフランンクフルトは、イングランドの古豪、リーズ・ユナイテッドと対戦した。長谷部と乾はそろって先発。開始3分には乾に得点チャンスが訪れるが惜しくもゴールはならず。試合を支配しながらも、相手に与えた唯一のチャンスで失点してしまったフランクフルトだったが、後半にしっかりと2点を返し、逆転勝利を収めた。乾は82分に交代し、長谷部はフル出場した。