大迫勇也と長澤和輝のケルンはGKSティヒ(ポーランド)との強化試合で1ー0で勝った。大迫と長澤は前半のみ出場し、長澤は45分に決勝ゴールを決めた。

ケルンは前半2つの大きな好機を逃したものの、45分に20mの位置から長澤が見事なミドルシュートを決めた。後半は追加点を奪えないまま。1ー0で終了した。ケルンはこれで強化試合4戦全勝となった。チームは夕方、明日からの合宿に備え、合宿地キッツビューエル(オーストリア)に向けて出発した。

長澤のゴール場面

長谷部誠と乾貴士のフランクフルトは合宿地ビンディッシュガルシュテン(オーストリア)へ向けて出発した。途中、ハイデンハイムで強化試合を行い、1ー2で敗れた。長谷部は前半のみプレー、乾はフル出場した。

ツイッターでは「長谷部は前半右サイドで素晴らしいプレーを見せた」としている

フル出場した乾

酒井高徳のハンブルクはビーレフェルトと強化試合で0ー2で敗れた。酒井は前半組でプレーした。

前半、相手と競る酒井(左)

清武弘嗣と酒井宏樹のハノーファーはミュンスターとの強化試合で0ー0で引き分けた。酒井は前半組で出場し、クロスを上げるなどして積極的に攻撃にも参加した。清武は出場しなかった。

試合の様子

また、宮市亮のザンクトパウリはこの日本拠スタジアムでファンフェスタが開かれた。バジェカーノ(スペイン)との強化試合も合わせて行われ、4−2で勝った。宮市は先発、64分までプレーした。

試合開始からわずか3分、宮市がヘディングシュートでゴールを狙うが、ここはGKに阻まれる。前半だけで3得点、49分にも追加点を奪って4ー0と点差を広げる。しかしここから2失点し、4ー2で試合終了となった。

試合の様子

ファンフェスタを楽しむサポーター