香川真司と丸岡満が所属するドルトムントは7月11日午後、スイスのチューリヒ経由でドルトムントに帰郷した。チームは「ブンデスリーガ・ワールドツアー2015」の一環として5日から日本、シンガポール、マレーシアを訪問。各地で大歓迎を受け、現地のファンと交流を図った。また、川崎フロンターレ、ジョホール・サザンタイガースとの親善試合では大量6得点を挙げるなど、プレーでアジアファンを魅了した。