細貝萌と原口元気が所属するヘルタ・ベルリンと初昇格を果たしたインゴルシュタットが6月28日、新シーズンに向けたトレーニングを開始した。

ヘルタは約2000人のファンが見守る中、練習を開始。バイエルン・ミュンヘンから移籍したミッチェル・ワイザーもチームに加わった。最後に紅白戦を行って、初日を締めくくった。

今季からブンデスリーガに昇格するインゴルシュタットの始動には約2500人のファンが駆けつけ、チームへの期待の高さが伺える。

大迫勇也と長澤和輝が所属するケルンは同日、合宿地オーストリアへ出発した。チームは7月3日まで南東部バート・タッツマンドルフに滞在し、19日〜26日には再びオーストリアの西部で合宿を行う予定。

ブンデスリーガ2部のザンクト・パウリは今季2戦目となる強化試合を行い、MTVバルムに3−0で快勝した。前回の強化試合で初ゴールを決めた宮市はこの試合には帯同しなかった。