酒井高徳の所属するシュトゥットガルトは6月24日、パーダーボルンからMFルーカス・ルップを、そして、オランダのアイントホーフェンからGKプシェミスワフ・ティトン  を獲得したと発表した。

ルップの契約期間は3年間。24歳のMFは昨季、バーダーボルンの中心選手として31試合に出場し、4得点2アシストを挙げている。「伝統のある素晴らしいクラブでの未来が楽しみだ」と話した。

28歳のティトンは、身長195cmのポーランド代表GK。今回、クラブとは2年間の契約を交わし「この伝統的なクラブに入ることが出来てうれしい。素晴らしいファンの前で、自分の実力を出していきたい」と意気込みを語っている。