内田篤人が所属するシャルケは6月25日、ブルガリア1部リーグのルドゴレツ・ラズグラドから、サイドバックのジュニオール・カイサラを獲得したと発表した。契約期間は2018年までの3年間で、背番号は3に決定している。

スポーツディレクターのホースト・ヘルト氏は、新しいサイドバックの獲得について「われわれは昨季、全ポジションに必ず控えの選手を置くことがどれだけ大事かを痛感した。もちろん内田は引き続き戦力となってくれるが、カイサラの獲得により、右サイドバックのポジションは内田とカイサラの2人でカバーできるようになる」と、説明した。

ブルガリア国内で3度のリーグ優勝、2度のカップ戦優勝を経験したカイサラは、昨季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)本戦でもグループリーグ全6試合にフル出場している。ブラジルとブルガリアの2重国籍を持つ26歳が、次のステップを求めてブンデスリーガへやって来る。