ブンデスリーガ2部のザンクト・パウリは6月22日、4週間の休暇を終えて2015/16シーズンのトレーニングを開始した。初日の練習には宮市亮を含めた新加入の3選手も参加した。

10時から体重測定が始まり、エワルト・リーネン監督のあいさつが行われた後、チームは10時45分から12時まで芝生の上でトレーニングを行った。

トレーニング後に行われた取材でトーマス・メッグレSDは、「10カ月もの間、我々にはサイドのテンポが欠けていた。亮はこの領域で活躍してくれると思う」と宮市に熱い期待を寄せた。