2014/15シーズンの日本人選手の成績をインフォグラフィックで比較。攻撃部門ではマインツの岡崎慎司がシュート数と得点数で群を抜き、フランクフルトの長谷部誠は出場時間とパス数で最高を記録した。