マインツがノインキルヘンで慈善試合

岡崎慎司の所属するマインツは5月26日、経営危機に瀕している地元の伝統クラブを支援するための慈善試合に臨んだ。先発した岡崎は序盤に得点チャンスもあったがゴールは決められず、結局試合も両チーム無得点で終了した。集まった1000人の観客にゴールシーンこそ見せることはできなかったが、マインツの選手たちはこの日の善い行いで気持ち良く2014/15シーズンを締めくくった。

フランクフルトは親善試合で大勝

同じく5月26日、長谷部誠と乾貴士が所属するフランクフルトは地元下部リーグのフォルクアルツハインと親善試合を行い、12—1で快勝した。先発した乾は61分までプレーしたが得点はなく、長谷部は帰国中のためメンバー外だった。フランクフルトは5月28日、今季最後の親善試合でシーズンを締めくくる。