2013/14シーズン、ブンデスリーガ1部の収益は10季連続で最高を記録し、前季比12.9%増の24億5000万ユーロとなった。18クラブのうち黒字を記録したのは、前季より1クラブ多い13クラブ。支出面では人件費率(選手および監督の給与が総収益に占める割合)が36.8%となり、前季を大きく下回った。UEFAの発表によると、同比率の欧州平均は65%。また、ブンデスリーガ2部も過去最高となる4億5800万ユーロ(前年比9.2%増)の収益を挙げた。ここでも人件費率は40%を大きく下回る数値となっている。これらの数値は、ドイツサッカーリーグ(DFL)が1月22日に公開した2015年ブンデスリーガ白書内で詳しく紹介されている。

ドイツサッカーリーグ取締役社長のクリスティアン・ザイファート氏は「近年、ドイツのプロサッカーは強い資金力を基盤に、レベル向上に尽力してきまし た。ブンデスリーガの収益拡大はとどまることを知らず、今後もさらなる成長を期待することができます。これは各クラブが将来を切り開いていく上で非常に重 要なことであり、社会に貢献するプロジェクトに資金を投入するためにも必要です」と語る。

ドイツ・プロサッカーの納税額は8億7500万ユーロを超え、過去5年間の合計は約40億ユーロとなっている。

さらに、ドイツ・プロサッカーは雇用創出という面でも大きく社会に貢献している。2013/14シーズンは4万8830人(前年比8%増)が何らかの形でクラブと労働契約を結んでいた。