Summary

  • ブンデスリーガ9月のベストゴールが決定
  • ドルトムント香川の芸術的、歴史的ゴールが1位に
  • ユーザー投票で2位を大きく引き離しての受賞

ドルトムントの香川真司がブンデスリーガ第7節アウクスブルク戦で挙げたゴールが、当サイトの月間ベストゴールに選出された

当サイトは9月のブンデスリーガで生まれた得点の中から10ゴールを厳選し、公式FacebookおよびYouTubeチャンネルでユーザー投票を実施した。1位に選ばれたのは、ドルトムントの香川が敵地アウクスブルクで見せた芸術的なループシュートで、2位のカイユビを大きく引き離して43%の投票率を獲得。このゴールは、ブンデスリーガ日本人選手の最多得点記録を塗り替える、歴史的なゴールでもあった。

投票結果は下記の通り。

香川真司(ドルトムント) 43%
カイユビ(アウクスブルク)14%
チャルレス・アランギス(レーバークーゼン)10%
セバスティアン・ハラー(アイントラハト・フランクフルト)8%
アルトゥーロ・ビダル(バイエルン・ミュンヘン)8%
ユリアン・ワイグル(ドルトムント)7%
アンドリー・ヤルモレンコ(ドルトムント)4%
ナビ・ケイタ(ライプツィヒ)3%
レオン・ゴレツカ(シャルケ)2%
マクシミリアン・フィリップ(ドルトムント)1%