Summary

  • フライブルクのフィリップ、5年契約でドルトムントへ移籍
  • FWから中盤までプレー可能な攻撃のオールラウンダー

香川真司が所属するドルトムントは6月7日、フライブルクからマクシミリアン・フィリップを獲得したことを発表した。今季2部から昇格したフライブルクで9ゴール2アシストを記録した同選手は、来たる2017/18シーズンより、ポジション争いが極めて激しいドルトムントで、成長スピードをさらに速めていくつもりだ。

14歳までヘルタ・ベルリン下部組織に身を置いていたフィリップは、その後TeBeベルリン、コットブスを経て、2013年1月にUー19フライブルクにやって来た。その半年後には同クラブのUー23に昇格し、2014/15シーズンからトップチームに在籍。同シーズン24試合に出場して経験を積むと、2部へ降格した2015/16シーズンは主力としての地位を確固たるものにした。そして今季はついにフライブルクでの活躍が認められUー21ドイツ代表デビューも飾り、この夏にポーランドで開催されるUー21欧州選手権の同代表メンバーにも選出されている。

基本的な技術の高さはもちろんのこと、スピードにあふれ、シュートも非常に正確。今季はフローリアン・ニーダーレヒナーとニルス・ペーターセンに次いでチーム3番目の得点を決め、53本のシュートを放つなど積極性も見せた。しかし、フィリップが持つ最大の長所は、その高い“サッカー頭脳”だろう。今季は主にセカンドトップを任されていたが、センターフォワード、左右のサイドMFも同レベルでこなすなど、すべての攻撃的ポジションを務めることが可能であり、戦術の幅が広がることからも、来シーズンから就任するペーター・ボス監督にとっては非常にありがたい存在となる。

さらに今季フィリップが決めた中長距離からのゴールは、ライプツィヒのエミル・フォースベルク、インゴルシュタットのマークス・ズットナーに次ぐ3得点。ミドルレンジからのゴールが少ないドルトムントに、得点パターンの増加という効果ももたらしてくれるはずだ。

欧州リーグ(EL)予選出場権を置き土産にフライブルクを巣立っていくフィリップ。黒と黄色のユニフォームを身にまとい、目標だった欧州チャンピオンズリーグ(CL)の舞台にも挑む同選手は、新たなドイツ人スター選手としての階段を上っていく。