Summary

  • ドルトムント所属の12歳、モウココが代表戦で躍動
  • Uー16ドイツ代表に招集され、早速2ゴールの活躍
  • ドルトムントではUー17のリーグ戦で5試合13ゴールを記録

ドルトムントに所属する驚異の12歳、ユウスファ・モウココがオーストリア戦でUー16ドイツ代表デビューを飾り、早速2ゴールを挙げて国際舞台でもその才能を見せつけた。

Uー16ドイツ代表は9月11日と13日にUー16オーストリア代表と練習試合を実施。3ー1で勝利した11日の試合こそモウココの出場は12分間にとどまったが、2ー1で勝利した13日の試合には先発出場。前半だけで2ゴールを挙げて強烈なインパクトを残した。

モウココは11分にクロスに合わせて左足ボレーで叩き込むと、24分にはCKのこぼれ球をニアポストに突き刺して加点。オーストリアも1点を返したが、試合は2ー1でドイツが勝利を収めた。



モウココは今季、ドルトムントUー17のリーグ戦でも5試合で13得点と大量得点を記録。この活躍が認められ、飛び級でUー16ドイツ代表に招集されていた。Uー16代表は今後、10月にベルギーと2試合、11月にチェコと2試合を行う予定だが、引き続きモウココがチームに招集されることは間違いなさそうだ。