Summary

  • 第14節のMVPはドルトムントのロイス
  • ロイスはケルン戦の終了間際に値千金の同点弾をマークした
  • MVPの受賞は第13節に続いて2節連続

公式ツイッターの投票によるブンデスリーガ第14節のMVPが発表され、ドルトムントのマーコ・ロイスが前節に続く受賞を果たした。

ロイスはケルン戦の90分に値千金の同点弾をマーク。戦列復帰後の公式戦5試合で早くも4ゴールと着実に完全復活へと進んでいる。

ロイスの他には、ウォルフスブルクを5-0で叩きのめした一戦でドッペルパック(1試合2得点)を達成したロベルト・レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)、ヘルタ・ベルリン戦で決勝点を挙げたマックス・クルーゼ(ブレーメン)、ライプツィヒに今季初黒星をつけるゴールを挙げたロジャー(インゴルシュタット)の3選手がノミネートされていた。

なお、スペイン語版ではブレーメンのクラウディオ・ピサロがMVPに輝いている。