Summary

  • 香川真司所属のドルトムントに新戦力
  • パリ・サンジェルマンからDFザガドゥが加入
  • 各年代のフランス代表として活躍

香川真司が所属するドルトムントは6月5日、パリ・サンジェルマン(フランス)からUー18フランス代表DFのダンアクセル・ザガドゥ(18)を獲得したと発表した。パリ・サンジェルマンとの契約満了によるフリー移籍で、2022年6月までの5年契約となる。

母国フランスで各年代の代表に選出されてきたザガドゥは、195センチの長身を生かした空中戦の強さと卓越したビルトアップ能力を備えるレフティーで、欧州のトップクラブから熱視線を送られてきた。

ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSDは、「彼も7月から価値ある選手がそろうこのチームの一員になる。彼の能力には確信を持っており、将来性を見込んで獲得した。さらなる成長の手助けをできることをうれしく思っている」とのコメントしている。

ザガドゥは、「このビッグクラブでは何人もの若い選手がプロチームにうまく溶け込み、高いレベルで成長している。それもあって(移籍を)決めた。新しいチームメートに素晴らしいスタジアム、そして有名なサポーターが楽しみだ。プロ選手として、ドルトムントで成長できるよう願っている!」と、若手の成長の場として名高いドルトムントへの加入を喜んでいる。