Summary

  • ドルトムントのUー17チームに驚異の新人現る
  • 12歳のストライカー、ユウスファ・モウココ
  • 飛び級でUー17への昇格を果たし、2試合で4ゴールの活躍

マリオ・ゲッツェやクリスティアン・プリシッチ、フェリックス・パスラックら素晴らしい才能を輩出してきたドルトムントのユースアカデミーに、また一人新たなスターの卵が現れた。12歳のストライカー、ユウスファ・モウココである。

モウココは8月13日に開幕したジュニア・ブンデスリーガ・ウェスト(Uー17カテゴリー)に参戦。アウェーのSGウンターラツ戦で2ゴールを挙げてチームの3ー0の勝利に貢献した。ドルトムントの1点リードで迎えた50分、ボールを浮かしてマークに来た相手選手をかわすとペナルティーエリアまで独走。低いシュートを冷静にゴール隅に流し込んだ。さらにその9分後にはペナルティーエリア内で3人のDFに囲まれながらもボールをキープ。相手選手のファウルを誘って得たPKを自ら沈めた。

モウココは16日に行われたボーフムとのホーム初戦でも2ゴールを挙げて今季のゴール数を早くも4点とした。2004年11月24日にカメルーンで生まれたモウココは、昨夏にブンデスリーガ2部のザンクト・パウリからドルトムントに加入。Uー15のカテゴリーで21試合33ゴールを挙げて得点王に輝き、5試合を残してレギオナルリーガ・ウェストを制覇する原動力となった。その活躍が認められ、今年5月にオランダで行われたUー15ドイツ代表の試合にも参加。今季はUー17昇格を果たし、さらなる成長が期待されている。

Uー15でモウココを指導したペーター・ワジンスキ監督は、「Uー17チームがずば抜けた選手のグループになるかどうかはまだ分からない。だが、このグループの選手たちが1998年生まれの選手たちと同じような道をたどって成長してくれることを願っている」とコメント。“1998年組”にはすでにトップチームで活躍しているプリシッチとパスラック、ヤコブブルーン・ラルセン、リザーブチームのヤニルカ・セラとダリオ・スクデリがいる。

モウココがプロ選手になるまでにはもう数年かかるだろうが、今季のドルトムントにはプリシッチとパスラックの他にも、ダンアクセル・ザガドゥとアレクサンダー・イザックという期待のティーンエイジャーがいる。今後もドルトムントの若手プレーヤーから目が離せない。